平成19年-6月号
沖縄地方が入梅したとの、報道に、いきなり夏が来たような気分です。
1日目
2月8日AM6:15岡山発15名。関西空港発ベトナム航空にて、ホーチミン市へ夕刻到着。私にとっては、14年ぶりの訪問です。多少町並みはきれい?になった。ビルも増えました。驚いたのは、自動車が多くなっていたことです。相変わらずバイク(昔はすべてホンダ
スーパーカブ)の多さ。以前と違ったのは、バイク専用路線ができていたことです。
ホテル到着後、すぐに、夕食、有名なフランス料理を食す。戦前は、フランス領土であったため、フランス人も多く、フランス料理も美味しい。

2日目

午前中、岡山の企業様のベトナム工場を見学、午後は、飛行機でカンボジア・セリムアップへ移動、夜に到着。
3日目
朝より、世界遺産のアンコールトム・アンコールワットを見学。中国桂林の山と川の静、北京万里の長城の力強さに、感激した私ですが、アンコールワットは、何とも言いがたい『すごい!』の一言。ジャングルの中に、これだけの仏教文化(クメール文化)が発達、繁栄が目に見えるようでした。60`先より持ち込んだ、石を組み立て、彫刻を施し、一仏寺院を築き上げた、建築物を見て、大感激。水平度、直角度、重力計算、彫刻美。残念な事に、長年にわたる戦争と貧困により、荒れ放題。早く修復され、再び、人々の前に堂々たる姿を見せてほしいものだ。荒廃の原因の一つにガジュマロの木がある。根が建物に絡みつき、建物を破壊している。決して裕福ではないが、大きな世界遺産と共に、生活できることは、うらやましい限りだ。
この夜、夜行便で、二泊四日の大急ぎの旅は、終わった。日本着翌朝8:30。
初めて動物の<ぞう>に乗った。左右に大きく揺れるので、あまり乗り心地は良くない。
はっきりといえば、<ぞう>は見るものだ!  by岡野
 
お問い合わせは営業担当まで
営業担当 中村恵子 eigyo@astico.co.jp