1938

創業

​昭和13

創業当時の航空写真

岡山市大供にて旧社名の釣鐘工業株式会社として事業を開始。
第一号製品は、地下足袋、長靴。
当初から、履いて役に立つものをということをテーマとして意識していました。
ちなみに、釣鐘工業株式会社は釣鐘ゴム株式会社を前身としています。

誕生

1956

ゴールドスター

ブランド

長年の製造経験を活かし、より高度な技術が必要とされるスポーツシューズの生産を開始。

第一号はテニスシューズ。その後、ゴルフシューズやバレーボール、バスケットボール、バドミントンなども手がけ、昭和30年後半から昭和50年代後半にかけて、国内市場占有率トップを誇ったスポーツシューズブランドです。

​昭和31

​昭和34

ゴルフシューズ

生産産開始

ゴルフシューズの生産を開始。
高度経済成長時代に入り、国内でゴルフ人口が増加したことでゴルフシューズの開発生産を開始しました。
ちなみに2年前の1957年に日本プロゴルフ協会が設立され、カナダカップ(現・ワールドカップ)が国内で開催され、日本チーム(中村寅吉、小野光一)が優勝しました。

1959

成長

プロゴルフ大会

​主催開催

ゴールドスター瀬戸内サーキット
プロゴルフ大会を主催開催。
1957年(昭和32年)に日本プロゴルフ協会が発足し当時の会員数は100名前後といわれています。1973年(昭和48年)に日本ゴルフツアー制度が施行されますが、それ以前の1965年(昭和40年)に、いわゆるスポンサートーナメントとして第1回大会が開かれました。

1971年(昭和46年)まで8回にわたり、弊社主催で開催されました。

さらに詳しくは → コチラ

​昭和40

​開催

1965

​昭和51

テニス・ゴルフ

​メインカタログ

ゴールドスターブランドとして、 デザイン的には、その時代の流行の海外ブランドより着想を得て開発に生かし、
当時の国内生産シューズとしてはファッション性的にも高いものがあり、さらに機能性も高く評価されていたため
愛好家がとても多く、その製造技術の高さから「テニス、ゴルフシューズなら釣鐘工業(アスティコ)」と評価されていました。

1976

時代

​過去

19XX

常に、人間工学に

​基づいた機能重視設計

1980年代から、スポーツ用品のトータルアイテム化が進み、またより大きなメーカーのアディダス、ナイキなどの海外メーカーなどの進出により競争が激化し、ゴールドスターブランドとしてのスポーツシューズ生産が終了となる・・・

​昭和

かかとがない?!

健康シューズ「ロシオ」

「これでないと腰が痛くなっちゃいます。」・・・これは、ネット注文時に一番よくいただくメッセージです。
「これ」というのは、もちろん「ロシオ」のことです^^
皆様、腰痛や膝痛で苦しんでいたのがロシオで改善したことで、ずっと履いて下さっているので、自然と「これでないと」というコメントになるようです(^^)

1991

新生

平成3

ゴールドスターブランドの復活!
創業80周年を記念し、

かかとが無い健康シューズ「ロシオ」を
ゴールドスターブランドとして

よりファッション性が高いモデルを発売!

今後も、よりファッション性が高く

日常生活のカジュアルシーンでも
健康と美容に足から役立てるということをテーマに

ゴールドスターブランドを展開していきます。

2018

平成30

復刻